あの娘も僕の抱き枕 ネタバレ画像・無料立ち読み有り|Dakimakura2

あの娘も僕の抱き枕 4話ネタバレ

寝てよし抱いてよし心地よし
気になるあの娘を抱き放題!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あの娘も僕の抱き枕
むっちり柔らかハメ放題!

Handyコミック【あの娘も僕の抱き枕】※スマホ専用

あの娘も僕の抱き枕の無修正版!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Dakimakura2
DMMコミックで配信中!

第4話 明るい部屋で堪能する同級生の身体

「それじゃ~この問題を一居さん」
「はい」

授業中でした。
乙津先生に名前を呼ばれ、席を立った怜奈が黒板の前に歩み出る。

教科書を開きながら、問題の答えを黒板に書いていく怜奈の様子を大貴は後ろの席から魅入られたようにボーっと眺めているのでした。

彼女の抱き枕で抱き続けて1週間が過ぎたころでした。

今では制服を着ていても、彼女の柔らかい裸体を鮮明に思い浮かべることが出来るのでした。

そして、触るとすごくムチムチしている感触を想像していると、いつの間にか自然と頬を緩ませてしまう自分に苦笑いしているのでした。

数え切れないほどたくさん揉んだ胸は、今では一番初めに揉んだときよりも大きくなっているかもしれないとまで思っていたのです。

そして、あそこは、おっぱいを揉むだけで大量に愛液があふれていくのでした。

あの娘も僕の抱き枕 4話ネタバレ画像

彼女の身体のことを意識しているうちにまた彼女の中に入りたくなっていくのでした。

いやらしいことばかりを考えていた大貴はチラッと後ろを振り返った怜奈とバッタリ目が合うのでした。

その瞬間、怜奈はビクンと体を硬直させるのでした。

そして、慌てて黒板に答えを書き、すばやく自分の席へ戻っていくのでした。

黒板に書いてあった答えは合っていて、周りから「さすがー」なんていわれているなか、大貴は途中で目があったことにびっくりしていたのでした。

いつも冷静な表情を浮かべている怜奈の動揺したところをみて、また可愛らしく思い、早くあの娘を抱きたいという衝動にかられてしまうのでした。

あの娘も僕の抱き枕~むっちり柔らかハメ放題!は、無料で立ち読みもできるので気になる人はチェックしてみて下さい♪

無料立ち読みはこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あの娘も僕の抱き枕
むっちり柔らかハメ放題!