あの娘も僕の抱き枕 ネタバレ画像・無料立ち読み有り|Dakimakura2

あの娘も僕の抱き枕 5話ネタバレ

寝てよし抱いてよし心地よし
気になるあの娘を抱き放題!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あの娘も僕の抱き枕
むっちり柔らかハメ放題!

Handyコミック【あの娘も僕の抱き枕】※スマホ専用

あの娘も僕の抱き枕の無修正版!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Dakimakura2
DMMコミックで配信中!

第5話 むちむち尻肉を打ちすえて奥に種付け

授業中に早く怜奈のことが抱きたいと思うようになった大貴は、家に帰ってから夜になるまで待ちきれなかったのです。

そして、ネームに名前を書き、そのままおやつを食べにリビングへ行き、部屋に戻ると、制服姿の怜奈が寝ていたのでした。

夕方の出来事でした。

制服のスカートをめくると、すごく柔らかなお尻があり、上もはだけさせ、下着が見えると興奮し、更にブラによって持ち上げられた大きな乳房を見て、更に興奮するのでした。

汗でまみれたシャツを脱ぎ捨て、例なの上に覆いかぶさり、唇を重ねます。

軽く触れ合わせるだけでも、脳がフワフワととろけていくようでした。

それだけでもすごく気持ちよくなった大貴は例なのことをもっと欲しがるようになっていきます。

自然と例なの乳房を手のひらが包み込みブラ越しにムニムニと揉み始めていきます。

更に深くキスをすると、下着もはずし、露出をさせていきます。

あの娘も僕の抱き枕 5話ネタバレ

大きなおっぱいを持ち上げると、パイズリをしそれだけでもすごく極上な気分を味わうのでした。

腰が自然と早く動いていき、射精感にせ背筋がゾクゾクと震えるのでした。

怜奈にパイズリをしながらも、そのままフェラをしていく大貴。

舌の動きがすごく艶かしく感じ、そんな艶かしさに射精しそうになっていくのでした。

そして、ついに腰を突き出し、どくどくと例なの口の中に大量の精子を注ぎこんでいくのでした。

大貴の精子をごくごくと飲み干していくのでした。

大貴はそんな様子に高揚感が高まっていくのでした。

あの娘も僕の抱き枕~むっちり柔らかハメ放題!は、無料で立ち読みもできるので気になる人はチェックしてみて下さい♪

無料立ち読みはこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あの娘も僕の抱き枕
むっちり柔らかハメ放題!