あの娘も僕の抱き枕 ネタバレ画像・無料立ち読み有り|Dakimakura2

あの娘も僕の抱き枕 6話ネタバレ

寝てよし抱いてよし心地よし
気になるあの娘を抱き放題!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あの娘も僕の抱き枕
むっちり柔らかハメ放題!

Handyコミック【あの娘も僕の抱き枕】※スマホ専用

あの娘も僕の抱き枕の無修正版!?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Dakimakura2
DMMコミックで配信中!

第6話 恋人のように互いを貪りあった夜

夕方から怜奈とのエッチを楽しんだ大貴は夜もパジャマ姿の怜奈と恋人のように求めたのでした。

深夜0時を回ったころに現れた怜奈とキスから始まり、体を密着させるのでした。

夕方から今までの時間がすごく長く感じ、悶々とした気分で過ごしたのでした。

現れたた時からすでに熱くなり、濡れていたのでした。

まるで早く挿れてほしいと懇願されているかのようにも思ったのです。

怜奈の中に入り、唇を重ね、やっと彼女の中に戻ってきたと思いをかみしめるのでした。

そのとき、大貴にびっくりすることが起こります。

なんと、怜奈のほうから舌が差し込まれるのです。

そして、お互いの舌が絡み合うのでした。

首に両手を回し、ねっとりと下を絡ませてきます。

あの娘も僕の抱き枕 6話ネタバレ

まるで、本当に恋人同士になった気分だと大貴は思ったのでした。

快楽に浸りながら、怜奈のお尻を揺らしていると、徐々に怜奈が身体を起こしていくのでした。

惜しげもなく大きく育った乳首が弾んでいきます。

そして、男を喜ばせるように腰を前後にくねらせ始めるのです。

怜奈の乱れていく姿に、だんだん下半身が震えだし、止まらなくなっていきます。

そして、怜奈もそろそろ限界に来たようです。

小さな身体がビクンッと大きく跳ねるのでした。

絶頂を迎えた怜奈のガクガクと震える身体とキュンキュンと痙攣する膣に大貴も射精に導かれていくのでした。

怜奈の中に大量に注ぎ込んでいくのでした。

精子を膣の奥深くまで吸い上げ、悦びに身体を震わせながらだんだん女の顔になっていくのでした。

あの娘も僕の抱き枕~むっちり柔らかハメ放題!は、無料で立ち読みもできるので気になる人はチェックしてみて下さい♪

無料立ち読みはこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あの娘も僕の抱き枕
むっちり柔らかハメ放題!